エコ・すく~みんなの宿題、みつける未来~

先生 保護者の皆様へ

お問い合わせ

先生 保護者の皆様へ

お問い合わせ

先生保護者の皆様へ

エコ・すく

エコ・すくをご覧いただきありがとうございます。
このサイトは、学校教育では学びきれない環境教育全般を担うweb版パブリックスクールとして、子どもたちの知的好奇心を刺激し、自然環境の大切さを学んでもらうことを目的としています。

私たちは環境問題を子ども、大人、みんなの「宿題」として考え、このサイトを通じて、日々の生活の中にあるエコに気づき、実践していただければと思います。

また、リサイクルセンターの見学、携帯電話の解体実習を通じて、地球温暖化やごみ問題などの様々な環境問題に対して関心を持っていただけるエコスクールの開催のご依頼も随時、承っております。
出張版エコスクールの依頼に関してもお気軽にお問い合わせください。

エコパワーってなに

「エコパワー」は、
エコ・すくでみんながエコについて学んだり、
出張授業のエコスクールで、
みんなが頑張ってけいたいでんわをバラバラに
分別(ぶんべつ)してくれた数に応じてたまる力だよ。

「エコパワー」がたまればたまるほど、
ホームページにあるエコ・すくの木が、すくすく育っていくよ。

ぼくたち、わたしたちのだいじな地球を守るために。
エコについて学んで、行動して、「エコパワー」をどんどんためよう!

コトバ

カーボンオフセットという考え方

排出した分は埋め合わせよう!

地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出は少なくしなければならないけど、 わたしたちが普通に生活する上で、どうしても二酸化炭素は排出されてしまうんだ。テレビを見たり、電子レンジを使ったり、生活する上で電気はとても大切だよね。その大切な電気を作る時に二酸化炭素が排出されているんだ。だからと言って、電気を使わないわけにはいかないよね。そこで登場するのが「カーボンオフセット」という考え方なんだ。

カーボンオフセットとは、排出してしまった二酸化炭素をちがう方法で埋め合わせようという考え方なんだ。カーボン(carbon)は「二酸化炭素」、オフセット(offset)は「埋め合わせる」という意味だよ。

埋め合わせの方法としては、例えば植林や森林保護があるね。二酸化炭素を吸収してくれる森林を育てることで、自分たちが排出した分を
埋め合わせて帳消しにするっていう方法だよ。

もどる